PROFILE

団紹介

写真11

CANTUS ANIMAE
1998年7月、岐阜県在住の雨森文也氏の音楽に魅せられた「歌好き」たち23名が創団。
世界に通用する合唱団になろうという、かなり無謀な夢をもって、団名をラテン語で「魂の歌」と名付けた。
翌年、全日本合唱コンクール全国大会に出場し、金賞受賞、以降同大会において金賞受賞13回(内1位文部科学大臣奨励賞5回)、2002年には世界合唱オリンピックに出場し、宗教音楽部門で金賞受賞(3位)、混声室内合唱部門で金賞(1位)オリンピックチャンピオンを受賞した。
これまでに、自主公演20回、その他レコーディングや各地のイベントに参加している。
創団から17年あまり。団員数は50名を超えるほどに成長したが、全員が無類の「歌好き」で、無謀な夢を追う人々であることには変わりない。

音楽監督・指揮者紹介

prof_amamori

雨森 文也
1959年生まれ。指揮法を黒岩英臣、ピアノを立川のぶみの各氏に師事。
現在は、CANTUS ANIMAE(東京)、合唱団まい(長野)、SCHOLA CANTHTAORUM KUMAMOTO(熊本)、うた・ふぐるま(岐阜)など8団体の音楽監督を務める。
全日本合唱コンクール全国大会で通算35回の金賞を受賞。2002年世界合唱オリンピックに於いてCANTUS ANIMAEが混声室内合唱部門でオリンピックチャンピオン(金賞第1位)に輝き、同時に指揮者賞を受賞。2008年にはアレッツォ国際ポリフォニーコンテスト(イタリア)に於いて合唱団まいが、時代区分別コンペティション(バロック部門)に於いて第1位を受賞し、同時に最優秀指揮者賞も受賞。
近時は、中部日本交響楽団との学校公演などオーケストラの指揮者としても積極的に活動している。
日本合唱指揮者協会会員。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存