11月!

こんにちは!

CAテナーの濱田です。

早いもので11月になり、冬どころか年末の足音が足早に近づいてきておりますね。

季節の変わり目で体調を崩される方も多くなっています。楽しい歌のためにもあったかくして過ごしていきましょう!

さてCAは、東京都合唱コンクールが終わると同時に、来年の演奏会へ向けて、心機一転新たな曲たちに向き合っているところです。

現在は、

毎週水曜日の団員練習

・月に1度の土日で雨森先生練習

をベースに、来年の演奏会に向けた勉強・充電期間として、古典作品+信長貴富先生作品を中心に取り組んでおります。

10月は

バッハ「Jesu, meine Freude」

フォーレ「レクイエム」

以上2冊の強化月間でした。

時代は違えど、歌い継がれるだけの曲の真髄、その一端にせまれたのではないかと思います。

そして次は、11/12(土)・13(日)の雨森先生練習に向けて、

モーツァルト「レクイエム」

信長貴富「新しい歌」「そうそうと花は燃えよ」

以上3冊に取り組んでおります。

↑デザイン担当が分かりやすくまとめてくれました♪

フォーレのレクイエムは、来年の演奏会にて信長先生による編曲版を取り上げます。

また、信長先生「Sämann ―種を蒔く人―」「虹の木」

の混声版委嘱初演を取り上げるにあたり、信長先生の作品理解として、初期と近年の人気2作品を取り上げます。

もちろん、それが終わればまた次の曲が始まります。

その次は……?バッハやモーツァルトはなぜ……?

さてどうなることでしょう。

続報をお待ちください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

CAでは、いつでもどこでもご見学を承っております。

来年の演奏会まで、毎月新曲!の勢いで古典の名作たちに臨みます。

ご自分が好きな曲の回にだけでも、ぴょん、と遠慮なく来ていただいて構いません。

「できるかどうかじゃない。やりたいかどうかだよ!」

とは、私が尊敬する人の言葉です。

入団時にオーディションはございません。

私には……と思い込まず、まずは1度ご自分の目と耳でCAを体感していただきたいと思います。

戦々恐々飛び込んだら、案外普通の人の集まりだった、とはCA団員の総意です。きっと。

お気軽な見学を、団員一同お待ちしております。

濱田

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存