Monthly Concert ~月一音楽会~について

管理人です。
今回はCAが行っているMonthly Concert(以下MC)という取り組みについてご紹介します。

MCは、2010年11月から始めた試みで、
月一回、演奏会やコンクールで取り上げる予定のない曲を取り上げ、
2時間半程度の練習でステージに載せることができるレベルまでの練習をして、
最後に「本番」のつもりで通しをします。
だから、月1回の演奏会〜Monthly Concert〜というわけです。

後ほど、これまで取り上げてきた作品を掲載しますが、
わずか3時間のうちに本番まで仕上げるのですから、
当然、各自が事前に音取りや言葉付けをしておかなければなりません。 結構大変です。
でも、音楽的な練習に特化した3時間は楽しい! 病みつきになります!

では、なぜそんな大変なことを始めることになったのでしょう。
始めるに当たって雨森先生から団員宛にいただいたメッセージの一部を転載します。

CAは、私と「音楽」をするために結成された合唱団ですが、
近年は、音程や声の不揃いを直す練習など、
当初の志とは離れた練習が多くなっていました。
こうした状況を踏まえて、CAが本来の姿を取り戻すために、
まず、月に1回は「音楽」に集中する練習をしようと作ったのが、
Monthly Concertです。

そうなんです。入団のしおりに記載しているようにCAは団員個々が自主的に音楽と向き合うことを重視している合唱団。
のはずなのですが、やはり人の子で、放っておくついつい低きに流れてしまいます。
そこで、個々がその姿勢をもう一度確認し、
団全体が音楽的に成長するために誕生したのが、MCというわけなのです。

MCで取り上げる作品は、
基本的にはその時に取り組んでいる楽曲を理解するために必要と思われるものを選びます。
同じ作曲家の他の作品を取り上げる事もあれば、同時代のライバル作曲家の作品を取り上げることもあります。

長くなりますが、MCで取り上げた曲目のリストを以下に掲載します。
過去の演奏会の曲目リストやコンクール演奏曲と照らし合せて見ていただくと、
その当時、どんなことを学び取ろうとしていたのか?想像できると思います。

2010年
11月 (試行版)
BRUCKNER/Virga Jesse
ALONSO LOBO/Versa est in luctum

2011年
1月
BRUCKNER/Messe e-mollより Gloria,Sanctus,Benedictus
2月
TALLIS/Lamentations of Jeremiah 第1部
BRUCKNER/Messe e-mollより Credo
3月
TALLIS/Lamentations of Jeremiah 第2部
Pizzetti/Messa di requiemより Kyrie
4月
グレゴリオ聖歌/Dies Irae
PIZZETTI/Messa di requiemより Dies Irae
5月
PIZZETTI/Messa di requiemより Dies Irae、Agnus Dei
6月
MOZART/Requiemより Introitus,Dies Irae,Confutatis,Lacrimosa
7月
HAYDN/天地創造より
第1部 In vollen Clanze steiget jetzt,Die Himel erzahlen die Ehre Gottes
第2部 Und Gott sah jedes Ding,Vollendet ist das grosse Werk
8月
FAURE/Requiem
9月
MOZART/Requiemより Domine Jesu,Hostias,Sanctus,Benedictus,Agnus Dei
10月
MOZART/Requiemより Domine Jesu,Hostias,Sanctus,Benedictus,Agnus Dei
HAYDN/天地創造 第1部
11月
MARTIN/Song of Ariel
2012年
1月
MOZART/Vesprae solennes de Confessore K339
3月
MOZART/戴冠ミサ
4月
J.S. Bach/ロ短調ミサ曲より
Cum Sancto Spiritu, Credo in unum Deum,Patrem omnipotentem,Et incarnatus est
Crucifixus,Et resurrexit,Confiteor,Et expecto,Dona nobis pacem

MCはその後、長期に渡るロ短調演奏会に向けた取り組みなどが始まり休止していましたが、
いよいよ今月から復活することになりました!

8月の演奏会で取り上げる、
髙田三郎作曲『わたしの願い』を理解するために
髙田作品を理解する上で不可欠な4作品を以下の通り4ヶ月間で1つずつ取り上げていくことになっています。
2/18『水のいのち』
3/25『ひたすらな道』
4/15『心の四季』
5/20『イザヤの預言』

計4回のMCの内容については都度HPで報告していこうと思います。
お楽しみに♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存