12/21聖母マリアのカンティクム 共演者による演奏会紹介2

管理人です。

演奏会紹介シリーズの第6弾(!)
今回は共演いただくチェロ奏者 西澤央子 さんから大変熱い紹介メッセージをいただきましたので
以下に掲載します!

21日にこんな演奏会をいたします。
(略)
アギレラ•デ•エレディアのカンティクム、マニフィカト。
スペイン黄金世紀に大流行した曲集です。
実は先の日曜日は有名なバッハのマニフィカトの演奏会でした。
同じテキストでもお国が違うとこんなにも語り口が変わってくるのですね。
同時期にリハーサルをしていたものでついつい両者を比べてしまいました。
バッハはさすがに音楽と言葉の一体感がハンパないです。
受胎告知を受けたマリアの驚きと戸惑い、喜びが一編の映画を観ているように伝わってきて、
やはりルター派にとっては言葉がとても大事なのだということがわかります。
一方のエレディアは言葉を介してというのではなく音楽が直接脳みそに訴えかけてくるような感覚。
むしろ言葉などもはや必要ないと言ってしまってもいいくらいただただ美しい祈りの音楽です。
この曲集は我らがバンマス、古橋が図書館にあるオリジナル譜を一枚一枚写真に収め
現代譜におこしました。おそらく本邦初演でしょうし今後演奏される機会は中々無いと思われます。
17世紀スペイン•音楽に興味があるというマニアックな方、必聴です。どうかお聴き逃しのないように!
マニフィカトの他、カバニーリェスやアラウホの器楽曲も演奏します。
スペイン•バロックは和声もリズムもエキゾチックで魅惑的。
きっとお楽しみいただけると思います。
今度の日曜日、皆様のご来場をお持ちしております。

CAと西澤さんとはバッハやメンデルスゾーンの作品などで何度も共演させて頂いており
いつも熱い通奏低音で未熟な私達を支えていただいています。
今回も共演できることが楽しみです。よろしくお願いします!

演奏会の日が迫ってきておりますが
まだまだチケットのご用意がありますので、是非ご来場下さいませ。
当日券もありますが、お得な前売り券のお申し込みはこちらからどうぞ。
※前売り券のWeb申込みは前日までとさせていただきます。あらかじめご了承下さい。

★ ★ ★ ★
聖母マリアのカンティクム
~Medio Registro × CANTUS ANIMAE~

日時:2014/12/21(日)
開演:14:00 (開場:13:30)
会場:大和田さくらホール(渋谷)
入場料:一般4,000円(前売り 3,500円)

プログラム
S.A de エレディア /
第1旋法による6声のカンティクム
第4旋法による8声のカンティクム
第1旋法による8声のマニフィカート
エンサラーダス
J.B.J カバニーリェス /
パッサカーリェス

出演:
指揮:雨森文也
器楽 メディオ・レジストロ
Rec:古橋潤一、細岡ゆき
Vn:川久保洋子、小野萬里
Va:天野寿彦
Vc:西澤央子
Lu:高本一郎
Org:能登伊津子
Perc:岩村茜
合唱:カントゥス・アニメ
日時:12月21日(日) 開演 14:00 開場13:30
場所:渋谷区文化総合センター 大和田さくら
ホール
入場料 前売り 3500円 当日 4000円
お問い合わせ http://:www.cantusーanimae.net(カントゥス・アニメ)
g.m.cima@jcom.home.ne.jp(古橋)

#番外
~飲み会Photo:雨森先生の誕生祝い ロウソクふぅ~~
お誕生日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存