アンサンブル合宿の思い出 その2

こんにちは、Cantus Animae でソプラノを歌わせていただいているアヤコです。
今年のアンサンブル合宿を終えての感想です。

宴会芸(体操)

私は今年の年明けから入団したので、CAの合宿には初参加でした。

合宿というと、演奏会のための曲をがっつり練習したり、親睦会的飲み会をしたり。
そんなイメージを持っていたのですが、CAの合宿は演奏会やコンクールのための曲はやりません。
コンクール前なのに。

今回私が振り分けられたのは4班で、4班はとても面白そうな人たちの集まりとなりました。
あまり話したことのないメンバーとも話ができたり、どんな声で歌っているのか聴いたり、
個々が持っている音楽を主張しあったりと、貴重で充実した練習となりました。

少人数のアンサンブルで私がとても嬉しく、いいなぁと思ったのは、アンサンブルをするメンバー
の息づかいみたいなものでお互いの意思が通じそうなところです。実際通じているのかは、どうなのか。
通じ「そう」。
みんなの心拍の速さを音楽に合わせていくような。
そんなようなことが、ほんのほんのちょっと、できたのではないかと思っています。

4班の自由曲は Monteverdi の Lagrime (愛する女の墓に流す恋人の涙)の1〜3曲目です。
この曲の歌詞の内容によって、チーム名がいつの間にかOPSという何かの略になっていることにちょっと
さみしくなりましたが、本当に、いい曲です。
先生の講評の通り、自由曲に3曲では練習時間が足りなかったのかもしれません。でも、この素晴らしい曲を3曲も
歌うことができて、本当に幸せでした。ぜひまた歌いたいです。

昼間は歌いっぱなし、でも夜も歌う。
飲み会では余興があり、昼間とはまた違うチームで歌ったり一人で歌ったり先生も歌ったりと、その内容は盛りだくさんです。
自分は余興には参加しないからと気楽にいたのですが、すっかりすっかり忘れていました。
出なきゃいけない体操部門の余興があったことを…!練習してない!
冷や汗をかきながら何事もないかのようにスルーしてしまいました。
それによりnbsm氏に多大なご迷惑をおかけしたことを、この場をかりてお詫びいたします。
・・・楽しい夜でした。

アンサンブルコンテストの結果は、やるだけのことはやっての3位という感じでした。
私はコンテストの結果より、練習が充実していたことに非常に満足です。
もっと練習していたかったし、即席でしたがこのメンバーで2日間過ごせたこと、とても幸せです。ありがとうございました。

得るものが多かったこの合宿、私は改めて、CAに迎えてもらい、みんなと、先生と出会えたことに感謝します。

ちゃんちゃん♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存