12/21聖母マリアのカンティクム 共演者による演奏会紹介

管理人です。

演奏会紹介シリーズの第2弾
今回は共演いただくリコーダー奏者 細岡ゆき さんから大変熱い紹介メッセージをいただきましたので
以下に掲載します!

聖母マリアのカンティクム?S.A.de エレディアのマニフィカート集より
12/21(日)に、大変珍しい、スペイン・初期バロックの作曲家であるS.A.de エレディアの声楽作品、
マニフィカート集から数曲とスペイン初期バロックの器楽作品を演奏します。
彼は、優れたオルガニストでもあった為、現在でも、鍵盤作品は、演奏される機会はあるようですが、
声楽作品は、殆ど演奏されていないそうです。そんなレアな曲集は、1618年出版され、 
当時、大変人気があり、スペイン各地で演奏されましたが、その後、日の目を見ることはなくなり、
現在まで、世界的にも、恐らくほとんど演奏されていない曲集です。
それをリコーダー奏者・古橋さん、オルガニスト・能登さんが、オリジナルパート譜から全曲譜面を起こし、日の目を見ることに!
勿論、音源も無いため、全体がどのような響きなのか、想像でしかなかったのですが、 
昨日の合唱、リコーダー、オルガンのリハーサルで、このレアな作品の全容が、明らかに!
想像を超えた豪華さ、壮麗さで、スペインの熱さを感じる、当時、これらの作品がスペイン各地の響きの良い教会で鳴り響いていた事を想像すると、
ゾクゾクする作品ばかりでした!
次回のリハーサルから、弦楽器が入り、器楽全員揃った時には、
更に天上の響きになるのだろうと、大変楽しみです♪
クリスマス間際の週末、スペインの華やかな宗教曲で、気分を盛り上げて頂ければ幸いです♪

細岡さんありがとうございました!!
私たちもどんな響きが降りてくるのか本当に楽しみです(^ ^)♪

まだまだチケットのご用意がありますので、是非ご来場下さいませ。
当日券もありますが、お得な前売り券のお申し込みはこちらからどうぞ。

聖母マリアのカンティクム
~Medio Registro × CANTUS ANIMAE~

日時:2014/12/21(日)
開演:14:00 (開場:13:30)
会場:大和田さくらホール(渋谷)
入場料:一般4,000円(前売り 3,500円)

プログラム
S.A de エレディア /
第1旋法による6声のカンティクム
第4旋法による8声のカンティクム
第1旋法による8声のマニフィカート
エンサラーダス
J.B.J カバニーリェス /
パッサカーリェス

出演:
指揮:雨森文也
器楽 メディオ・レジストロ
Rec:古橋潤一、細岡ゆき
Vn:川久保洋子、小野萬里
Va:天野寿彦
Vc:西澤央子
Lu:高本一郎
Org:能登伊津子
Perc:岩村茜
合唱:カントゥス・アニメ
日時:12月21日(日) 開演 14:00 開場13:30
場所:渋谷区文化総合センター 大和田さくら
ホール
入場料 前売り 3500円 当日 4000円
お問い合わせ http://:www.cantusーanimae.net(カントゥス・アニメ)
g.m.cima@jcom.home.ne.jp(古橋)

#番外
~練習風景Photo:古橋先生と雨森先生が相談中~
練習風景

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存